2023/09/29

ED治療とは?安全性・有効性・経済性に配慮したユニティクリニックのED治療を解説

ユニティクリニックのED治療は患者様にとっての安全性・有効性・経済性に配慮して行っております。ED治療法の種類、複数ある治療法の選択順位、具体的治療内容の順に解説します。

【ユニティクリニックのED治療の種類】

全国対応

電話によるオンライン診療
初診・再診 0円

ご来院が難しい方でも、5分~10分ほどの
お電話による診療で処方が受けられます。
かかるのはお薬代と郵送料のみで、他に費用はかかりません。

ED治療とは、服薬治療、服薬以外治療、ご自身による改善に大別されます。

〔服薬治療〕
ED薬、早漏薬、サプリメントの服用による治療です。

〔服薬以外治療〕
ユニティクリニックは厚生労働省認可陰圧式勃起補助具ビガー2020(vigor2020)を使った治療を行っております。通院不用でご自宅で治療可能です。
他の治療として、注射、手術等による治療もありますが、身体への直接的施術になり身体的リスク等を考慮し当院では行っておりません。

〔ご自身による改善〕
勃起不全が多くは生活習慣病による血管・血流劣化やストレスに起因しますので、ご自身による食事改善、運動改善、ストレス軽減、禁煙等でEDが改善する場合があります。

【複数ある治療法の選択順位】

ユニティクリニックが診療に関して遵守しているED治療ガイドライン (※1)にあるように第一選択の治療法はED薬の服薬治療とされています。服薬治療で改善効果が期待どおりでない場合に服薬以外の治療、ご自身による改善が第二選択の治療法になります。ユニティクリニックでは改善効果促進のため第一選択の治療法と第二選択の治療法の併用を推奨しています。

(※1)(ED診療ガイドライン第3版 (jssm.info))

【具体的ED治療内容】

具体的ED治療内容については「服薬治療」、「服薬以外の治療」、「ご自身によるED改善」の順に説明します。

【服薬治療】

医師の判断で治療のために海外薬を輸入し処方する事は厚生労働省が認める正規の診療です。

→詳しくは 厚生労働省作成資料 (mhlw.go.jp)

ユニティクリニックは、専門医師の診療を前提として安全性、有効性、経済性を配慮し海外ジェネリック薬を推奨しています。当院が所属するユナイテッドクリニックグループで10年以上の診療歴と60万件以上の診療実績の中で重篤な健康被害は1件もありませんのでご安心ください。ED薬について一人で悩まず当院専門医にご相談ください。

→詳しくは ED・早漏・AGA薬の個人輸入はなぜ危険?安全なEDクリニックからのオンライン診療・購入を解説

〈種類と特徴〉
代表的なED薬は商品名バイアグラ(成分名シルデナフィル)、商品名レビトラ(成分名バルデナフィル)、商品名シアリス(成分名タダラフィル)の3種類です。
3大ED薬以外では成分名アバナフィル、成分名ウデナフィルの取扱いもあります。

(当院取扱いジェネリックED薬比較表)

注:無印は海外ジェネリック、
*は国内ジェネリック、価格は初診価格

薬剤名 容量
(㎎)
価格
(円)
効果発動時間
(分)
持続時間
(時間)
効果強度 食事の影響 副作用
バイアグラ 25 290 40~60 3~5 弱い あり 出にくい
バイアグラ* 490
バイアグラ 50 780 普通 出やすい
バイアグラ* 980
バイアグラ 100 1,350 強い
レビトラ 10 950 20~40 4~5 普通 少ない 出やすい
レビトラ* 1,290
レビトラ 20 1,350 7~8 強い
レビトラ* 1,490
シアリス 10 750 60~180 20~24 弱い 最小 出にくい
シアリス* 1,190
シアリス 20 ※950 30~36
シアリス* 1,290
アバナフィル 200 1,350 15~40 6 強い 少なめ 出にくい
ウデナフィル 200 1,350 40~60 11~13 普通 少なめ 出にくい

※来院の場合950円、電話診療の場合1,350円

〈ED薬の副作用〉
バイアグラ、レビトラ、シアリスについて、一過性のほてり、頭痛、鼻炎等の軽度の副作用の発生報告があります。→「ED診療ガイドライン」(※1)参照

〈ED薬の耐性・依存性〉
ED薬の1日の最大服用量100㎎と服用から24時間空ける事を守れば、毎日、長期間服用しても薬が効かなくなる耐性や服用を止められなくなる依存性はありません。なおシアリスは持続時間が36時間あるため、服用後24時間以内の別のED薬服用時に効果が重複して強く出る場合がありますので留意ください。

〈ED薬服用の注意点〉

・狭心症・心筋梗塞、脳梗塞・脳出血、肝障害がある方はED薬が服用出来ない場合があります

・ED薬と効果が被る硝酸剤、抗不整脈剤は重複効果により血圧が急降下してリスクが高いため併用は避けるべきです。

・グレープフルーツ、ハッサク、ブンタン、夏みかん等の柑橘系フルーツはED薬と相性が良くないとされています。

・脂っこい食事は油分が胃壁に付着し成分吸収を阻害する懸念があるため避けましょう。また過度の飲酒も避けましょう。

〈ED薬の選定例〉

・副作用が心配だが勃起効果を確認したい→シアリス(10、20㎎)

・確実な勃起効果を確認したい→レビトラ(20㎎)、バイアグラ(100㎎)

・性行為直前に服用し直ぐ確実な勃起効果が欲しい→レビトラ(20㎎)

・性行為までの時間が予想できないが確実な勃起効果が欲しい→シアリス(20㎎)

・食後でも直ぐ確実な勃起効果が欲しい→レビトラ(20㎎)

〔早漏薬治療〕

・早漏は射精までの実際の時間とご自身とパートナーの希望時間の差で認識され、
勃起を希望時間維持できない不満足の状況となり、勃起を維持できないED症状と密接に関係するとされています。

ED薬で勃起力を強化し、射精までの時間を早漏薬併用により遅らせることでご 自身とパートナーの性行為の満足を増進することができます。

・当院では早漏薬として服用として「商品名ポゼット(成分名ダポキセチン)」、陰 茎へ噴霧するスプレーとして「リドスプレー」を推奨しております。早漏薬は国内薬がないため国内薬処方のみのクリニックの取扱いはありません。当院はED海外薬同様に専門医師の診療を前提に安全性・有効性・経済性の面から推奨し、多くの患者様がED薬と併用しています。

・早漏薬にもED薬と同様に、持病によって服用できない場合、一過性の副作用がありますので、当院専門医師にご確認ください。

詳しくはこちら→早漏治療薬とは

【服薬以外の治療】

〔精力剤・サプリ服用による治療補助〕
医療用のため市販のサプリメントより含有量が多くなっていますのでED・早漏薬との併用で効果の増強が見込めるほか、ED・早漏の根本治療的効果が期待出来ます。

〈DHEA〉  医療用ホルモン補充剤(男性ホルモンの前駆体)で、医師の処方でのみ服用できます。テストステロンは精子形成や性欲増進、筋肉形成などの男性化ホルモンで、性ホルモン減少によるEDや性欲低下といった男性更年期障害を改善します。

〈マカ〉   マカはアンデス高地に植生する植物で必須アミノ酸、ミネラル、ビタミンを多く含み古くから性欲増強・性交回数の増加等の効果が言われています。

〈亜鉛〉   精液や毛髪の原料で、性欲増強・射精時の快楽度の増強・性交回数の増加等の効果があります。

〈ビタミンB〉亜鉛とビタミンBがテストステロンを維持・増加させます。亜鉛やマカと併用することで男性更年期障害の改善や疲労回復が期待できます。

〔ビガー2020(vigor2020)治療〕
ED薬不用、通院不用でED治療が可能な、厚生労働省が唯一認可し、「ED治療ガイドライン」(※1)で推奨する陰圧式勃起補助具ビガー2020(vigor2020)を使用した信頼性の高い新しいED治療が大変注目されています。
当院のビガー治療では、ご自宅で毎日使用できる手軽さと勃起の確実さから20~80歳代、持病のある方等幅広い患者様から信頼いただいております。
詳しくは是非下記をご覧ください→薬を飲まない!通院不用!厚生労働省認可の新ED治療【陰圧式勃起補助具 ビガー2020(vigor2020)】をご存じですか?当院のビガー治療はどのような方に合うのかを解説

【ご自身によるED改善】

悪い生活習慣(食生活の乱れ、喫煙、飲酒、睡眠不足、運動不足)を原因とする生活習慣病(脳卒中、糖尿病、高血圧症、心臓病、肝臓病、動脈硬化症、脂質異常症等)による血管・血流劣化およびストレスによる性的興奮の陰茎へ伝達劣化によりEDを発症します。
悪い生活習慣やストレスの改善によりEDの根本治療、ED治療の効果促進が期待できます。「ED診療ガイドライン」(※1)でも食事療法、運動療法、禁煙指導が推奨されています。

〔食生活改善〕
〈血管・血流を劣化させる食事を避けましょう〉
 食べ過ぎ、塩分取り過ぎ、動物性脂肪取り過ぎ等に気をつけましょう。

〈血をサラサラにする食事を摂りましょう〉
 一般的な料理本に、血液をサラサラにする食材として「お(お茶)・さ(魚)・か(海藻)・な(納豆)・す(酢)・き(キノコ類)・や(野菜)・ね(ネギ類)」が掲載されています。「お魚好きやね」と覚えやすいですね。積極的に摂りましょう。

〔喫煙改善〕
喫煙は血管収縮、動脈硬化の血管・血流劣化を生じますので控えましょう。

〔飲酒改善〕
飲酒による生活習慣病を避けるために過度な飲酒は控えましょう。

〔睡眠改善〕
睡眠不足は疲労蓄積による体調不良から生活習慣病の遠因になりますので気をつけましょう。

〔運動改善〕
健康維持のため定期的なマラソン、スポーツジムトレーニング等の有酸素運動がお勧めです。

〔ストレス改善〕
妊活プレッシャー等によるストレスはパートナーと話し合いましょう。

ED薬で勃起を繰り返す事で自信を取り戻し勃起不安が解消する場合もあります。お一人で悩まず当院専門医師にご相談ください。 

監修者

院長 髙嶋 政浩

平成元年杏林大学医学部医学科卒業
平成元年杏林大学医学部附属病院
平成8年西部総合病院皮膚科・形成外科部長 就任
平成12年大手美容外科クリニック
令和3年ユニティクリニック